震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡鹿の今   浜めぐり 大谷川浜

<<   作成日時 : 2013/03/25 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の鮫の浦漁港の外灯について新聞に掲載があった、つい最近の設置だというから、それまで夜の作業は暗くて大変だっただろう。

鮫の浦に続いての浜めぐりは大谷川・谷川へ。
地図中央やや左上方より南下。
画像
 

画像集落の入り口に、木杭で囲われた更地がある、何か公共の建物跡だろうか。 
画像ほとんど壊滅状態と聞いた。以前もそれほど戸数の多い浜ではなく、むしろ意外なほど田んぼが広がっていた。今県道は山手を通っている。 
画像以前は浜沿いの道だったことが思い出された。仮道路を作っている。 
画像対岸は谷川浜。 
画像高台の家は津波後の新築。 
画像 
画像学校が見える。道路は大きく迂回していた。 
画像 
画像 
画像壊れた橋と水門。 
画像 
画像近くに津波の記念碑がある。 
画像 
画像鮫の浦方面を振り返る。 
画像谷川小学校の解体が始まったばかり。 
画像手前はプール、中には砂が堆積していた。 

画像穏やかな春の外洋。 
画像遠くの島影は江の島と足島。左に平島。 
画像寄磯岬。 
画像鮫の浦。 
画像学校脇に急ごしらえの階段があり、神社へ通じている。途中から見た集落。 
画像朱塗りの社殿、 二渡神社。
画像 
画像 
画像 
画像登ってきた反対側が参道で急な石段があった。 
画像その下半分が津波に削られて赤土がむき出しに。 
画像 
これは数日前に訪ねた時のものだが、このブログを編集していて、昨日の女川の祭りがひときわ賑やかだっただけに、その落差に何ともやりきれない思いだった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
牡鹿の今   浜めぐり 大谷川浜 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる