震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜めぐり   石巻市前網浜

<<   作成日時 : 2014/06/24 20:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 県道41号線、頻繁にダンプと行きかうのも塚浜まで、石巻側は極端に少なくなる。やはり離半島部の雄勝、牡鹿の復興スピードは一向に改善されてない。

画像前網へは寄磯から分岐点の県道まで戻らねばならない。その途中に、前網の高台造成地がある。場所は山のかなり上の方、前網浜への分岐はまだこの先で、集落まではかなりの距離がある。
画像しかもA地区とある。二つに分断されているのは地形的な問題なのか、他に要因があるのかわからない。ここには4世帯が戻ると聞いた。 
画像県道分岐から浜へ、一年前と全く同じ状態にはいささか驚いた。わずかに外防など遅ればせながらといった感じの工事が細々とおこなわれている。
重機の隣は、外防の海面上の部分が決壊した個所、あれから未だにこの状態。 
画像集落入口の支援で建てられた集会所で、おばさんが掃除をしていた。
寄磯等の大きな浜は県の管轄で工事が早かった、しかし、この前網のような小さな浜は石巻市の管轄で、「こんな塩梅なんでがす」ということだ。詳細は分からないが、現状はまさに差別の一言だ。おまけに造成地も二分されて、しかも浜へはかなりの距離にある、行政の対応もこれが精一杯のところなのか、なんとも気の毒でならない。 
画像上架中の漁船。 
画像外防は今修復中。 
画像接岸もままならない状態で、大きな船は湾内停泊の形だ。 
画像 
画像ここの工事も緒に就いたばかりの様子。 
画像この画像の左に集会所がある。中央の二階建ての建物は番屋にしては大きすぎる、工場らしくもない。なんだろう、画像編集で初めて気が付いた。
おばさんの話がいろいろ進んで、話題がクマ目撃情報に、前日に鮎川に近い新山浜で目撃されたという。噂では原発のクマとは別のグループではないかとか、様々な憶測が飛んでいるらしい。 
画像県道へ戻る途中に、かみさんの知人の作業小屋がある。残念ながら奥さんは不在だったが、旦那さんからほやを頂戴した。
県道へ出る手前の第一地区の造成地。ここには集会所も建設されるようだ。 
画像向こう側のシートで被われた部分は、道路際の緑地帯。 
画像 
画像ちょっと色落ちした造成地案内板。左が前網浜第一地区。右が前網浜第二地区。 


 まるで復興から置き去りにされた前網の現状。少しは漁港の修復も進んでいるかと思っていたのだが。これほどとは予想外だった。千年級の災害復旧なら県や市とかの管轄に固執している場合ではない、一元管轄が当然だろう、何のための復興庁なのか。いろいろ解せないことが多すぎる。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
浜めぐり   石巻市前網浜 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる