震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜めぐり   石巻市大谷川、谷川浜

<<   作成日時 : 2014/06/26 19:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 復興の遅れている、このあたりを見ていると、限界集落、過疎集落、消滅集落という言葉が現実味を帯びてくる。

画像大谷川の北口からの風景、集落の名残をとどめるものは何もない。 
画像わずかに画像右奥の山際に、震災後に建った一軒の民家があるのみ。前方の盛り土は土砂仮置き場だろう。 
画像大谷川の湾内に舟影は見えない、ここでは生活の匂いが全く感じられない。 
画像迂回道路筋は土砂仮置き場。 
画像谷川小学校跡はコンクリートプラントに代わっていた。 
画像 
画像谷川浜への途中に表浜へ抜ける道路がある。再開したガソリンスタンドで高台造成地の場所を尋ねた。すぐ向かいの平坦な丘がそうだという。 
画像牡蠣の原盤つくりの作業場で、造成地について尋ねたら、大雑把な場所が決まっただけでそれ以上何も進んでないという。様々な要因で他へ移住せざるを得ない住民が多い、なかなか造成地の素案もままならない状態にあるのでは。
画像
画像谷川浜の手前にかろうじて津波の災禍を免れた神社がある。集落再興の願いをこめて、思いっきり鐘をついた。諸行無常の響きとはこんな音色なのだろうか、どことなく哀愁を帯びた響きである。 
画像その神社下の浜辺におおきな宮城県栽培漁業センター があった。今はすべて取り壊され、コンクリートブロック置き場に代わっていた。  
画像頻繁にダンプが出入りする川の向こうの盛り土は、表浜から持ち込まれた造成地の土砂の仮置き場と推測される。去年は、まだここで瓦礫処理をしていた。 
画像 
画像遠くには結構作業場が並んでいる、その先は泊浜方面へ行く山道へと続く。 
画像中央小山の向こうは表浜の大原へ通じる道路。頻繁にダンプが行き交う。 


画像画像 
イワガラミ、装飾花の花弁が1枚だけというのがガクアジサイとの違いとか。
画像画像 
ツルアジサイ
画像画像 
ハマヒルガオ

画像
  今日の読売新聞トップ記事。黄色の枠の中を注目。
 しかし、これはあくまでも統計上の数字、実態はさらに数値が上がっているはず。そしてより加速するは明白。
 想定しがたいが人口減が続く遠い将来、消滅集落になることもあり得るのかな。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
浜めぐり   石巻市大谷川、谷川浜 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる