震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 柴燈護摩供養 鮎川 開悟峯寺 @

<<   作成日時 : 2015/05/07 19:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 牡鹿半島末端から裏浜への沿岸を北へ向かう途中。まだ立ち寄ったことのない寺で偶然、柴燈護摩供養の儀式を見学できた。

画像
地蔵山 開悟峯寺 (寺院の詳細はこちらをクリック参照)


画像
 
 


画像
弘法大師像。宗派は真言宗。

画像
震災の傷跡が残る、庫裡の玄関。本山は松島にあり、ここは「奥の院」にあたる。   

画像
儀場

画像画像
祈祷場と護摩壇。

画像
正面に金華山。背後に護摩壇の建物とさらに高みに御本尊の菩薩像が立っている。


画像
御本尊「身代延命大地蔵菩薩」

画像画像
蓮台には守本尊八尊が描かれているが、地震の損傷をロープで補修していて御労しい。本尊下の護摩壇。
画像画像
裏山に守本尊八尊をめぐる霊場コースの案内板があり、登って行ったが、すっかり荒れ果ててコースが定かでない。

画像画像
焼き物の寺だけに、小さな観音様がコースの藪の中に無数に供えられていた。

画像
抜刀術の稽古に余念のない御婦人。 凛とした美しい動作に引き込まれる。

画像
管長登壇

画像
山伏問答。この後、山伏により護摩壇前で悪霊退治などの儀式が執り行われる。

画像画像
法斧の儀。
悪霊退治の儀式にはそれぞれに事由があり、スピーカーを通して解説がある。

画像画像
法弓の儀

画像画像
放たれた矢は自由に持ち帰ることができる。子供たちが懸命に追いかけていた。

画像画像
法杖の儀

画像画像
法剣の儀


つづく



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
柴燈護摩供養 鮎川 開悟峯寺 @ 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる