震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡鹿半島を行く 鮎川 @

<<   作成日時 : 2015/06/12 20:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 復興の状況を地元の方に尋ねることが多い、しかし、身辺の近くについては承知しているものの、他の地区のことにはほとんど関心を示さない方が多い、当然ながらまだ心に余裕が戻っていないということだろう。

画像
街中を通り過ぎてまずは防波堤へ。かつての捕鯨ランド跡に唯一残っているキャッチャーボート。

画像画像
観光桟橋周辺。

画像画像
まだ地盤の変動が収まらないようで、復旧後の岸壁のコンクリート継ぎ目に段差ができていた。

画像画像
陸の部分の復旧工事はまだまだ先の話、岸壁部分もこのあたりがやっと復旧できた程度。復興の加速が待たれる。

画像
観光桟橋。

画像画像
画像画像
金華山への発着場は浮桟橋。日を浴びてゆらゆらの海上タクシー、今日は平日で静かです。

画像画像
桟橋の正面には仮設の案内書、待合室。

画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
画像画像
桟橋近くの岸壁復旧工事はこれからのようです。

画像画像
画像画像
防波堤突端から正面に網地島。船団は捕鯨船。

画像画像
放置されたままの防波堤用ケーソン。通りがかりの漁師さんの話では工事が遅れているからということだった。

画像
養殖施設は復旧、銀鮭の生簀。

画像
防波堤のはずれに係留の捕鯨船キャッチャーボート。この日の沖はかなりのうねりということで休業だそうです。

画像画像
画像


画像
対岸の防波堤修復工事。

画像画像画像画像
画像
防波堤突端から鮎川の港を巡る。


またまた年金機構
ただあきれるばかりです。荒療治が必要です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-04/2015060402_01_1.html
<転載>
日本共産党の堀内照文議員は3日の衆院厚生労働委員会で、日本年金機構の個人情報流出問題に関して、同機構が委託した年金データ入力業務で違法派遣が行われていた実態を示し、個人情報を扱う業務の外部委託はやめるべきだと主張しました。塩崎恭久厚労相は、業務委託について「調べていきたい」と答えました。

 堀内氏は、同機構から年金データ入力業務を請け負った会社が、労働者派遣法に基づく許可・届出のない別会社に社員を派遣させて、業務に従事させていたことを指摘。この派遣会社の住所に実体はなく、従業員に給与も支払わないなど、個人情報をまともに扱える事業者に委託されていないとただしました。

 日本年金機構の水島藤一郎理事長は「(作業スタッフが)派遣であったとは把握していなかった」と述べ、外部委託した業務の実態をつかんでいなかったことを認めました。

 堀内氏は、社会保険庁を解体・分割し、大切な個人情報を扱う体制になっていないと批判。「不正常な状態を見抜けない。業務委託のあり方そのものに無理がある」と述べ、外部委託を中止するよう求めました。

 堀内氏は、「今回の問題でマイナンバー(共通番号制度)の危険性が改めて浮き彫りになった」として、「ひとたび流出したら、致命的な被害になる。それを回避するにはリスク分散をするしかない」と強調。審議中の番号制度の対象拡大法案は廃案にして、原因究明や再発防止策が定まるまでは、10月からの番号通知や来年1月からの利用開始は見送るべきだと強調しました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
牡鹿半島を行く 鮎川 @ 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる