震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡鹿半島を行く 鮎川 A

<<   作成日時 : 2015/06/13 19:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 蒼空を切り裂く飛行機雲、時折聞こえるマッハ音はブルーインパルスだろうか。いたってのどかな半島突端の町、鮎川へ2年ぶり。


画像
防波堤から見た鮎川のまち。

画像画像
画像
仮設商店街。

画像
商店街のすぐのところに高台造成地がある、全容がわからないが規模は小さい。もう一か所近くにあるというのだが、ここからは家並の陰になる。商店街の方に尋ねたら、この近辺にはここの2か所だけだという。

画像
画像
画像
画像
かろうじて被災を免れれた病院の上からは海岸部が見渡せる。

画像画像
真新しい公営住宅?と思って近づいたら、被災した市営住宅だった。補修如何では使用に耐えられると思うが。

画像画像
画像
西の町はずれの海岸部。クジラの解体工場などがある場所。

画像画像
町中の 2か所の高台造成地。右側はちょっとわかりにくいが、重機が見える場所。

画像画像
港湾復旧工事。


画像画像
画像画像
県道2号線から見た鮎川のまち。



画像
2号線を北上して間もなく、看板が現れる。

画像
結構大きい高台造成地。前方に見える建物は鮎川中学校。

画像

画像画像
切土工事はまだ終わってはいないようだ。なんとも鮮やかな地層断面。

画像画像
画像画像
仮設住宅。

画像
「清崎憩いの森」分岐。
 


 県道を北上の途中に、「陽山寺」という名の古刹がある。遠い昔鮎川に住む知人から、この寺のことを聞いたことがある。なんでも四神相応の方位に合致した地に建立したという話だ。どんな場所なのか、一度訪ねてみたいと思っていた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
牡鹿半島を行く 鮎川 A 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる