震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡鹿半島を行く 小渕浜 A

<<   作成日時 : 2015/07/10 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 古い漁港だけに、集落内の道路は狭く、あちこち曲がりくねって複雑な箇所が多い。活気と雑然が入り混じった印象の浜である。

画像
画像
  高台造成地は県道沿いの緩やかな地形の山林が2か所に分断されたかたちである。その道筋にはガソリンスタンドやコンビニがあり結構車や人の流れが多いところだ。

画像画像
 コンビニ向かいの造成地はブルーシートで覆われていて、遠目にも遺跡発掘の調査現場と分かる。

画像画像
 ベルコンが連結された大掛かりな調査で、大きな集落が形成されていたと推察される。大昔も日当たり良好の住むにはいい環境だったはず、しかし海辺にありながら、これほどの高台に形成されるにはそれなりの訳があったのだろう。

画像
すぐ隣に完成したばかりの民家。


画像画像
もう一方の造成地は県道を鮎川方面へ向かう集落のはずれにある。

画像
工事現場入口。

画像画像
すぐ近くに、小さな社がある。海上守護、祈雨の神、「金毘羅大権現」を祀ってある。

画像画像
画像画像


画像画像
大権現脇のネットを越えて、造成地へ。

画像

画像
左側が遺跡発掘現場の造成地。完工は標示板によれば28年12月。

画像
画像画像
画像画像
画像
今まで見てきた半島内で、もっとも規模の大きい造成地だ。


 小渕浜は時々メディアが取り上げる話題の集落。なるほど、なかなか活気のある浜で、それだけに震災後の復興に期待し注目を集めるのだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
牡鹿半島を行く 小渕浜 A 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる