震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 牡鹿半島を行く 給分浜 @

<<   作成日時 : 2015/07/11 20:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 小渕浜から次の給分浜へ向かったが、集落を示す標識もなく。作業小屋のある浜へ出て、釣り人に聞いたら、給分はまだ向こうだという。初めての者にはわかりづらい場所である。

画像
画像
 にぎやかなスプレーアートは女川のアーチストの手になるもの。地元女川の浜ではそれほどで多くはないが、半島ではやたら目につく。
 ここが県道から集落への入口らしいが、造成地を降りてきての帰り際、やっとわかった。

画像
地図の表浜港も、人によっては小渕浜といい、西出浜という。

画像画像
給分浜の漁港岸壁。右画像の大きな加工場は確か、牡蠣の加工場。

画像画像
画像画像
共同作業場。裏手に、昔は海水浴ができたと思われる小さな浜。コンガラが敷き詰められていた。

画像画像
画像画像

画像
画像
岸壁の修復工事は一部残ってはいるが、ほぼ完成に近い。


画像画像

画像画像
水路の小さな魚は何だろう。岸壁の釣り人は何もいないというが、ここにはうじゃうじゃ。


つづく


 震災後、高齢の叔父夫婦が息子の住む千葉へ移住、この暮れに二人とも他界した。今日地元での法事を済ませ、やっと納骨を済ませた。先日までのうすら寒い天気からいきなりの暑さ、それでも関東から来た身内の人たちには結構涼しいらしい。浜風が何とも心地よいそうだ。女川は人にやさしい環境なのである。
 そんなこんなで雑用が溜まり、楽しみにしていた明日の石投山清掃も、残念ながら参加できなくなった。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
牡鹿半島を行く 給分浜 @ 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる