震災復興撮歩記(撮り歩き)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石巻市 寄磯地区 B

<<   作成日時 : 2017/07/20 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

 何が良くて、こんな崖地に集落を形成したのか知る由もないが。よほど他所より、魅力的な場所だったのでしょう。

画像
画像
侵水域の土地の整備は元のままで、新しい作業場があちこちに立て込んできた。

画像
 崖地の路地は、公道、私道、どっちなのかわからないが、初めて足を踏み入れた時は、矢印も案内板もなく、行き先が全くわからない。時には行き止まりも。

画像
 たぶん、屋敷神だろうと思うが、ここに欅の巨木があった、写真を撮ったはずが、NOが欠落しているところを見ると、うっかり削除をやらかしたようだ。


画像画像
 複雑に入り組んだ境界をそのままに、整備が行われている。難事業だが、後々のため、買上げや換地整備が最上と思う。



画像
画像
画像
この乱雑さは、いかにも寄磯らしい。


画像
画像
画像
画像
画像
画像


画像画像
画像
画像
傷みが激しかった境内も復旧。


画像画像
  境内で出会ったご婦人が、昔の寄磯の様子を教えてくれた、すぐ目の下の建物が初代の小学校だという。このご婦人、俺より10歳は上、家がこのあたりで、毎日この急坂を上り下りしているという。町の平らなところのほうが歩きづらいと語っていた。恐れ入りました。

画像画像
元学校わきにある、板碑の中に亀がおおさまっている、初めて見た。


画像画像
画像画像
猫の額より狭い庭いっぱいに、様々な花を育てている。


画像
画像
 入り組んだ細い路地の拡幅工事。浜を離れた人たちが土地を提供してくれたおかげで車が通れるようになると喜んでいた。


画像画像
右画像の左側に、仮設住宅前の新診療所。

画像画像
 集落外れのコンテナアート、まるで寄磯への送迎看板替わり。前網へいく途中の山中にある僅か数棟の防集住宅。

 
 重機やらダンプ、漁師のリフト、トラック等がひっきりなしに行きかい、道が狭いので路駐もままならない。来年の今頃までには、浜も落ち着くことだろう。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
石巻市 寄磯地区 B 震災復興撮歩記(撮り歩き)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる