アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「牡鹿の今」のブログ記事

みんなの「牡鹿の今」ブログ

タイトル 日 時
石巻  蛤浜地区
石巻  蛤浜地区  蛤浜からサンファンまでの岬巡りで、今回の半島視察がやっと終了。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 20:08
石巻  桃浦地区
石巻  桃浦地区 復興事業とは別に、いくつかの浜に新しい施設が目につく、民間の支援団体の手になるものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 20:02
石巻  小積地区
石巻  小積地区  小網倉と小積の間はトンネルで数分の距離だが。岬をまわると、散在する浜が五つもある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 20:17
石巻  月浦地区
石巻  月浦地区  半島県道2号線、以前と比べると、ダンプの姿がかなり減ってきた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 20:23
石巻  牧浜地区
石巻  牧浜地区  時の経過した記録の編集というのは、記憶が遅れて出てくるので修正が多く、なかなかはかどらない。脳の劣化が進んでいる証拠だな。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 19:58
石巻  竹浜地区
石巻  竹浜地区  石巻に属する半島部の震災前は、一部にぎやかな漁港の記憶にとどまる。しかし、各浜探訪で比較してみると、浜の活気の格差が体感できる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 19:03
石巻  狐崎地区
石巻  狐崎地区  牡鹿半島のこのあたり、景色は変化に乏しく、道幅は狭く、やたらカーブが多い、今どこを走っているのか時々、わからなくなる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 20:55
石巻  鹿立地区
石巻  鹿立地区  牡鹿半島の復興工事の格差もはっきりしてきた。終了しつつあるところでも、無駄な工事とか、無駄遣いとか、揶揄する声も結構聞こえてくる。事の是非はともかく、想定外の災害ということでやむを得ない部分もある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 20:26
石巻 福貴浦・侍浜地区
石巻 福貴浦・侍浜地区 明日から牡蠣解禁、意外と静かな表浜の各漁港。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/28 21:18
石巻 小網倉地区
石巻 小網倉地区  工事の遅れを聞いてみると、「なに やったんだが」とういう返事が多い。今更、気にしていないともいう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/27 21:48
石巻 リボーンアートフェスティバル 24
石巻 リボーンアートフェスティバル 24  現代アートの何たるかはどうでもいい、見て歩くだけで、凡人にはただ楽しく面白いのである。家に帰ると片付かない部屋もアートな感じに見えてくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/24 22:05
石巻 リボーンアートフェスティバル 23
石巻 リボーンアートフェスティバル 23  最近の情報によると、次回のRAFは2019年に予定とある、既存の施設も継続して運用することも決まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/23 21:18
石巻 リボーンアートフェスティバル 22
石巻 リボーンアートフェスティバル 22  前回(7/23)回り切れず、数日後再訪のRAF−C・Dエリアの記録。ブログアップが遅くなってしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/22 21:16
石巻 大原地区 食堂「いぶき」
石巻 大原地区 食堂「いぶき」  届け物を頼まれて、訪ねて行ったのが50年前。その後、何度かお邪魔した。今は更地の周辺も、当時は、そこそこに家並みが混んでいたように記憶している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/08 21:58
石巻 大原地区
石巻 大原地区  若かりし頃、数回お邪魔したことのある家が、古民家リフォームで和風レストランとして生まれ変わったとか、すでに営業中ということで訪ねてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/07 21:36
石巻 表浜漁港
石巻 表浜漁港  たまにダンプが通り過ぎるだけののどかな漁港、表浜。メット姿のおんちゃん達と重機が当たり前の復興地で、これらが見当らないことに違和感の浜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 21:05
石巻 小渕漁港
石巻 小渕漁港  この辺りではどこよりも活気にあふれた小渕漁港。処暑を過ぎたとはいえ、照り付けつける太陽はまだ熱い、そんな岸壁で、漁師たちがのんびり岸端会議。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 21:32
石巻 小渕浜地区
石巻 小渕浜地区  半島の高台造成はほとんどを山を切り崩しての工事。小渕浜は世帯も多いだけに面積が広く、当初の工事にかなりの時間を要した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 21:41
石巻 給分浜地区
石巻 給分浜地区 昨年視察の際は、どの浜も似たり寄ったりの復興状況だったが、さすがに今年は、進捗の程度に差が出てきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/31 21:32
石巻 十八成浜地区
石巻 十八成浜地区 どうしても刑務所の塀を連想してしまう防潮堤。あの砂浜も完全に遮断されてしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/30 20:45
石巻 リボーンアートフェスティバル K
石巻 リボーンアートフェスティバル K  案内所のボラは市役所の方、今回ボランティアの募集が思うに任せず、職員も参加することになったという。これだけの規模ならさもありなん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 20:08
石巻 リボーンアートフェスティバル J
石巻 リボーンアートフェスティバル J  更地が途方もなく広いというのに、ここも駐車場がない。ボラ、アーチスト、シャトルバス専用だけ。しかし、ちょっと整備すれば十分に確保できるのだが、簡単にはいかないのだろう。ボラさんも課題ですと語っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/12 20:33
石巻 リボーンアートフェスティバル I
石巻 リボーンアートフェスティバル I  荻浜の東はずれにある荻浜小学校。2年前、児童数の激減により、在校生徒がゼロということで、廃校ではなく休校措置となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 22:12
石巻 リボーンアートフェスティバル H
石巻 リボーンアートフェスティバル H  このイベントのためのアート制作や、展示箇所の整備はいつから始まったのか、規模が広すぎて大変なエネルギーを要したことは想像に難くない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/10 20:55
石巻 リボーンアートフェスティバル G
石巻 リボーンアートフェスティバル G  それぞれの作品展示箇所にはボラの案内テントがあり、たいていは一人の場合が多い。しかし、幹道から遠く離れた山中での任務は大変だろうなあ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 21:42
石巻 リボーンアートフェスティバル F
石巻 リボーンアートフェスティバル F  開催中のRAF、作品を見て回るにはパスが必要。全部駆け足で回っても当日券(1000円)が何枚必要なのやら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 21:15
石巻 桃の浦地区
石巻 桃の浦地区  震災直後、カキ養殖業者の会社設立で話題になった桃の浦。その後の復興事業ははかばかしくない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 20:34
石巻 鮎川浜黒崎牧場 
石巻 鮎川浜黒崎牧場   さすがにここまでは、工事の喧騒も届かない。朝の半島突端黒崎。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 22:43
石巻 鮎川浜 A
石巻 鮎川浜 A  防潮堤の内側というのは、海の見えないもどかしさが付きまとう。見慣れるまで時間がかかるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 20:51
石巻 鮎川浜 @
石巻 鮎川浜 @  先日の鮎川視察は、「リボーン」の作品鑑賞に時間をとられてタイムアウトとなってしまった。で、今回の再訪となった次第。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 20:54
石巻 新山浜地区
石巻 新山浜地区  この浜の出身の方から、伊達藩時代に鹿狩りの御狩り屋があったという話を聞いたことがある。屋敷はもちろん、その末裔も今はいない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 22:49
石巻 泊浜地区
石巻 泊浜地区  半島の端のほうは切り立った断崖で形成されていて、集落はがけ地に形成されている。これが幸いして民家の被害が軽微だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/02 22:10
石巻 祝浜
石巻 祝浜  過疎に加え大震災、いつの日か、地図の上から消えていきそうな小さな浜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/01 21:57
石巻 谷川地区防集団地
石巻 谷川地区防集団地  今まで気づかずにいた谷川の防集団地。まさか、海岸から遠く離れた山の中とは想定外だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/31 21:14
石巻 谷川地区
石巻 谷川地区  海辺の集落は、当然ながらいずこも高台移住となった。復興途上とはいえ、ちょっと寂しすぎる海岸沿い。あの浜の活気は果たしてよみがえるのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/30 20:43
石巻 大谷川地区
石巻 大谷川地区  震災直後、浜の知人が、もう集落の再生は無理だろうと語っていた大谷川。いま、再生に向け着々と進捗中。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 20:43
石巻 リボーンアートフェスティバル E
石巻 リボーンアートフェスティバル E  鮎川の町は、防潮堤の工事が進展中で、路駐もままならない程、雑漠とした状態。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/28 21:15
石巻 リボーンアートフェスティバル D
石巻 リボーンアートフェスティバル D  世界的に有名なアーチストの作品もあると聞いていた。その展示場所が半島の山の中というのがいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/27 20:02
石巻 リボーンアートフェスティバル C
石巻 リボーンアートフェスティバル C  御番所公園が近づくと、車の数が多くなってくる。がその先のD5へ向かう車が全くない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 21:44
石巻 リボーンアートフェスティバル B
石巻 リボーンアートフェスティバル B  ここまで、半島裏浜の作品場所は4か所、朝早いこともあって、D1ボラと、のり浜のサーファー以外に誰とも会わずじまい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/25 20:29
石巻 リボーンアートフェスティバル A
石巻 リボーンアートフェスティバル A 参照 石巻かほく http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/07/20170723t13006.htm ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 21:23
石巻 リボーンアートフェスティバル @
石巻 リボーンアートフェスティバル @  牡鹿半島裏浜の浜巡りかたがた、土曜日にふたを開けた、石巻「リボーンアートフェスティバル」の作品展示のポイントをたどってみた。ブログは北からの順に。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 21:01
石巻 鮫ノ浦地区
石巻 鮫ノ浦地区  各地、連日真夏日、猛暑日で熱中症のニュースが定番だが、海沿いの山道は実に快適だ。さらに木陰での昼寝はまさに極楽。つい寝過ぎて、帰宅が遅くなることも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 21:08
石巻市 前網地区
石巻市 前網地区  世間では何かといえば、格差が社会問題として話題になる昨今。石巻では、離半島部の復興が、格差としてどこでも話に出てくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 20:24
石巻市 寄磯地区 B
石巻市 寄磯地区 B  何が良くて、こんな崖地に集落を形成したのか知る由もないが。よほど他所より、魅力的な場所だったのでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 20:56
石巻市 寄磯地区 A
石巻市 寄磯地区 A  いまにも一雨来そうな、夏の漁港。カモメがざわついてわけもなくせかされる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/19 21:16
石巻市 寄磯地区 @
石巻市 寄磯地区 @  一年ぶりの牡鹿半島裏浜巡り。週末から、半島は「リボーン…何チャラ」とかのイベントが始まるとか、楽しみ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 21:27
牡鹿半島を行く  給分浜十一面観音立像
牡鹿半島を行く  給分浜十一面観音立像  半島裏浜に比べると、漁港の復旧は思っていたより、進捗状況がいい。漁業の方もだいぶ活気づいてきた感じだが、まだまだ先行き不透明という話をよく聞く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/24 18:57
牡鹿半島を行く 西出当浜
牡鹿半島を行く  西出当浜  よく耳にする牡鹿半島の十一面観音立像。そこへ立ち寄ろうとした途中の漁港。聞けば小渕浜だといい、西出浜だという。??? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 18:58
牡鹿半島を行く 給分浜 A
牡鹿半島を行く 給分浜 A  先の大震災の震源は女川沖のはるか太平洋、地図上では半島の反対側。半島が天然の防潮堤となったお蔭で津波のエネルギーはそがれたものの、表浜海岸は平坦地がが多く、被害の範囲が拡大した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/12 19:21
牡鹿半島を行く 給分浜 @
 小渕浜から次の給分浜へ向かったが、集落を示す標識もなく。作業小屋のある浜へ出て、釣り人に聞いたら、給分はまだ向こうだという。初めての者にはわかりづらい場所である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/11 20:02
牡鹿半島を行く 小渕浜 A
 古い漁港だけに、集落内の道路は狭く、あちこち曲がりくねって複雑な箇所が多い。活気と雑然が入り混じった印象の浜である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/10 19:35
牡鹿半島を行く 小渕浜 @
 半島裏浜の集落間はかなり距離がある。表浜のこのあたりになると、どこが境界かわからないほど集落が接近していて、現在地がわからないこともある。牡鹿半島表浜には24の集落がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/09 20:33
牡鹿半島を行く 十八成浜 陽山寺
ネットでググってもこの寺についての情報は見当たらない。図書館の石巻史あたりなら多少はわかるかと思うが、そこまでの余裕がない。ただかなり古い寺であることだけは確かだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/17 21:31
牡鹿半島を行く 鮎川 A
 蒼空を切り裂く飛行機雲、時折聞こえるマッハ音はブルーインパルスだろうか。いたってのどかな半島突端の町、鮎川へ2年ぶり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 19:51
牡鹿半島を行く 鮎川 @
 復興の状況を地元の方に尋ねることが多い、しかし、身辺の近くについては承知しているものの、他の地区のことにはほとんど関心を示さない方が多い、当然ながらまだ心に余裕が戻っていないということだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/12 20:51
牡鹿半島を行く 十八成浜
 さすがに表浜は活気がある。県道の交通量も裏浜の比ではない。何より、遠くから見ても各浜の復旧工事に弾みが出てきた気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/06 20:59
牡鹿半島を行く 寄磯浜(5/14) A
 牡鹿半島裏浜は工事も地味で地区の話題性にも乏しい。一方の表浜はたびたびメディアに登場する、被災地が抱える種々の問題に事欠かないことにもよるようだ。次回はその表浜から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/05 19:33
牡鹿半島を行く 寄磯浜(5/14) @
 どさくさが続いたせいもあって、うっかり編集を忘れていた寄磯浜。取材から半月過ぎてしまったが、折角の記録ゆえアップしておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/04 21:22
牡鹿半島を行く 前網浜 A
漁港整備は国、県、自治体などいろいろ、管轄によって復旧の進捗に大きな差がある。確か、ここは石巻市の管轄。浜人は早くからどうにもならないと嘆いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/27 20:33
牡鹿半島を行く 前網浜 @
地形が急傾斜の集落は高台造成地の確保が難しい。前網浜はその典型的な例。浜の集落からはかなりの距離(約4キロ)にある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/26 19:54
牡鹿半島を行く 鮫の浦
今日の 河北新報オンライン(クリック願います)。(泊浜は被害を免れた民家が多く残っており、危惧するに当たらないと思う。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/25 20:08
牡鹿半島を行く 大谷川浜
大谷川浜には学校跡のコンクリート工場と民家が一軒あるのみ。そんな中で高台造成地工事の完成が近い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/21 19:55
牡鹿半島を行く 祝浜・谷川浜
  牡鹿半島も表浜一帯は、遅ればせながら工事が順調に進捗の様子。しかし、裏浜のこのあたりは復旧というにはまだほど遠いものがある。ダンプや工事車両とほとんどすれ違うこともない。   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/20 20:54
牡鹿半島を行く 泊浜
メガソーラーから数分で泊浜へ。女川牡鹿線のすぐ近くに宅地造成工事の現場があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/14 20:25
牡鹿半島をゆく  泊浜 メガソーラー
 牡鹿半島裏浜の往時の幹線道路もコバルトラインや表浜の県道が整備されて以来、通る車も少なくなった。あちこちに山菜取りの車を数えながら泊浜へ北上。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/13 20:23
牡鹿半島をゆく  新山浜
 海岸からいきなり立ち上がる地形に集落があり、これが幸いして被害が軽微で済んだ。ほとんど復興工事の形跡が見られない地区である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/12 22:41
柴燈護摩供養 鮎川 開悟峯寺 A
 県内では陸奥国分寺のそれが知られているようだが、近在ではこのお寺さんぐらいだろう。あまりに厳粛な儀式にカメラを抱えたはいいが、離れた位置から遠慮しながらの撮影でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/08 18:23
柴燈護摩供養 鮎川 開悟峯寺 @
 牡鹿半島末端から裏浜への沿岸を北へ向かう途中。まだ立ち寄ったことのない寺で偶然、柴燈護摩供養の儀式を見学できた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/07 19:08
新緑のコバルトライン
 牡鹿半島裏浜のその後の復興はどうだろうか、久しぶりにコバルトラインを鮎川へ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/05 20:48
浜めぐり   石巻市大谷川、谷川浜
 復興の遅れている、このあたりを見ていると、限界集落、過疎集落、消滅集落という言葉が現実味を帯びてくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/26 19:40
浜めぐり   石巻市鮫の浦
 プーさん農園の、この春植えたばかりの「ゆず」が早くも夏バテ気味、そろそろ一雨欲しいところ。関東で、今日も又、すごい豪雨に見舞われたが、ゲリラ豪雨はごめんだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/25 19:39
浜めぐり   石巻市前網浜
 県道41号線、頻繁にダンプと行きかうのも塚浜まで、石巻側は極端に少なくなる。やはり離半島部の雄勝、牡鹿の復興スピードは一向に改善されてない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/24 20:03
浜めぐり   石巻市寄磯浜
 土曜日は所用で久しぶりに寄磯へ出かけた。復興状況もさることながら、最近のクマ目撃情報のその後にも興味があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/23 20:47
牡鹿の今   折浜・小竹浜
蛤堂の開店まで時間がある、小竹浜のほうへ車を走らせてみた。小竹浜は古い山仲間から、浜の岩場をクライミングのゲレンデに利用していたと聞いたことがあり、一度訪ねてみたいと思っていた浜である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/07 18:51
牡鹿の今   蛤堂とコバルトライン一部通行止解除
前から訪ねたいと思っていた、小さな浜の田舎カフェ。コバルトラインの、通行止めが一部解除されたと聞き、ドライブがてら訪ねてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/06 19:20
牡鹿の今   先端企業 スメーブジャパン
最近、小規模ながら最先端のテクノロジーを活用したベンチャー企業のニュースに接することが多い。福一原発事故の後、特に新エネルギーの分野に顕著だ。鮎川にも最近ある工場が進出してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/28 20:22
牡鹿の今   鮎川の寺社探訪
鮎川ののれん街の次に訪ねた後は、いつも通りの神社とお寺。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/22 20:26
牡鹿の今   鮎川 おしかのれん街
先日の鮎川訪問時に、町の仮設店舗を訪ねた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 19:59
牡鹿の今   鮎川の町 @
月一の頻度で鮎川へ出かけるが、行くたびに車の工事車両の往来が増しているように感ずる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/09 20:57
牡鹿の今   十八成浜 A
牡鹿半島の地形は、太平洋に面した裏浜はリアス地形でいきなり海に落ち込むが、表浜は山地から海岸まで比較的なだらかで海に沿って平地が広がっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 21:44
牡鹿の今   十八成浜 @
表浜の県道を通るのは震災後初めて、それ以前もかなり間がある。距離感が薄れ鮎川までずいぶん遠く感じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/18 21:28
牡鹿の今   鮎川 牡鹿交流センター
バイトの事務処理と確認でここ2日ほど、鮎川へ。町の手前の山中にこんな素晴らしい施設があるとは全く知らずにいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/17 21:51
牡鹿の今   浜めぐり 寄磯浜の神社
先日に訪れた際は時間がなく、神社探訪は一か所だけ。話ではこの小さな浜の6か所に神社があるという。今回やっとその全部を回ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/08 18:17
牡鹿の今   「三陸復興国立公園」山鳥渡から金華山を望む
半島の尾根の向こうは鮎川の町。金華山との狭い海峡が通称「山鳥渡」、いわゆる瀬戸という地形でこの一帯を地図には「山鳥」と記してある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/01 18:56
牡鹿の今   浜めぐり 新山浜
今回の牡鹿の裏浜集落めぐりはこの新山浜が最後、実に30年ぶりの再訪。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/29 19:25
牡鹿の今   浜めぐり メガソーラー開発と再建なるか小さな浜
祝浜、何か由緒ありげな名前の浜。集落跡に立ってふと思った、この浜に再び住民が戻るのだろうかと。一方で荒地から、最先端の太陽光発電の工事が進む泊浜の天空田んぼもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/28 19:29
牡鹿の今   浜めぐり 泊浜@
泊浜、新山浜といえば海が荒く、高台に民家がへばりついている印象が強い。外洋に面し波が荒く養殖の難しい浜であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/27 18:30
牡鹿の今   浜めぐり 谷川浜
この浜にも知り合いがいた、聞いたところでは近くの仮設にいるらしい。しかし、馴染みの方はとうの昔に故人となっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/26 18:55
牡鹿の今   浜めぐり 大谷川浜
先日の鮫の浦漁港の外灯について新聞に掲載があった、つい最近の設置だというから、それまで夜の作業は暗くて大変だっただろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/25 18:43
牡鹿の今   浜めぐり 鮫の浦
いつもならどの浜も春漁でにぎわう季節だが、無人と化した浜はかつてここに浜が存在したとは思えないほどの寂れようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 19:23
牡鹿の今   浜めぐり 寄磯 A
のんびりした前網とは反対に何とも騒々しい、工事も一寸大がかりだが、平地が狭いとあって、工事資材や浜の作業資材、養殖資材やらでごった返しの状態。駐車さえままならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/05 18:10
牡鹿の今   浜めぐり 寄磯 @
いつの間にかこの浜めぐり、神社があれば集落の再興を祈願し、お寺があれば近在の犠牲者の御霊を弔うミニ慰霊行脚となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/04 19:04
牡鹿の今   浜めぐり 前網 A
仙台から見て表と裏ということだと思うが、太平洋側は裏浜、仙台湾のほうは表浜という。今ほど交通が発達してなかった頃、その気質も裏は荒っぽく、表はのんびりとはっきりしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 18:06
牡鹿の今   浜めぐり 前網 @
今回は一寸足を伸ばして牡鹿町の浜めぐりへ。県道41号線沿いの市境にある原子力センターから道は下り坂となり、間もなく寄磯への分岐にかかる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 19:32

トップへ | みんなの「牡鹿の今」ブログ

震災復興撮歩記(撮り歩き) 牡鹿の今のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる