女川   『女川』河川改修工事

瓦礫の山がなくなって久しいが、その後の工事は遅々として進まない『女川』流域清水地区。

画像R398から清水地区へ通じる道。両側に累々と瓦礫の山が続いていた。 
画像女川橋のたもと。両岸の川べりは護岸を削り取ったまま。 
画像 
画像広々とした更地は作業現場には願ってもない環境。 
画像ところどころで行われているいたって小規模な改修工事。 
画像素人にはよくわからないが、何とも非効率的でコスト感覚に乏しいとしか言いようがない。 
画像準備は着々と整っているように見える。が、しかしずいぶん長いことこのままのような。 
画像鋼材打ち込み作業の後はしばし中断。中断を必要とする工事なのかな。 
画像傍目にのんびりとした工事風景。 
画像遊郭のあった近く、往時のこの辺りは実に風情があった。 
画像岸辺の工事が細々とおこなわれている。 
画像 
画像橋が撤去された。ガキの頃の水遊びの場所の一つ。水量豊かで魚も結構見かけたところ。
画像左端で道路と交差する場所。 
画像 
画像遊郭名残の石垣はどうなるのだろう。 
画像 
画像石垣の上から眺めた現在の瓦礫回廊跡。 
画像 
画像オフサイトセンター周辺。 
画像画像正面電柱の箇所は仮設庁舎への坂道 
画像中学校崖下は残土置き場。 
画像コンクリブロックの製作現場。 
画像 
画像段丘工事。改修工事が行われているのは先ほどの場所とここだけ。 
画像 
画像 
画像 
画像女川の名瀑。 
画像ここはどうなるのやら。 
画像雑草が茂る川 
画像上流はすっかり雑草に覆われている。 
画像日蕨の奥は残土の仮置き場のまま、 
画像この辺りまでは流れも勢いがあり、よく澄んでいる。 
画像仮庁舎への分岐周辺は残土の山が今取り崩し中。 
画像 
画像町道沿い 
画像エルファロが見えます。 
画像 
震災から2年半を経て、多くの復興工事は細々とした印象を受けるが、こんなもんなのだろうか。この段階で人手が足りない、資材が足りない、重機が不足と嘆いているが、東京を中心としたオリンピック関連の工事が本格的に動き出したら・・・・・対策は今のうちに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス